若者に多い病|甲状腺の病気に気をつけろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

肺の悪性腫瘍

看護師

進化

近年はがん治療も着実に進歩しており、全体の罹患率も徐々に減ってきているのですが、その一方で増加を続けているがんも残念ながら存在します。肺がんは気管や肺胞などが何らかの異常によって腫瘍化したものを言います。日本の高度経済成長と共に急激な増加を辿り、現在も緩やかながら罹患者を増やしています。女性より男性の方が罹患しやすく、その数は二倍から三倍にのぼります。がん全体では日本の死因第一位です。肺がんを患う最大の危険因子は喫煙行為であるのは有名な話です。喫煙者の肺がんに対するリスクは非喫煙者の二十倍を軽く超えると言われています。また直接タバコを吸わない人でも、受動喫煙によって肺がんを患うリスクは二割程度上昇します。

種類

肺がんは大きく分けて二種類あり、小細胞がんと非小細胞がんがあります。小細胞がんは悪性度の高いがんとして知られており、腫瘍の増殖スピードが速く、移転しやすい特徴があります。肺がんの二割弱が小細胞がんです。残りの八割を占める非小細胞がんは、小細胞がんと比べて発生部位や大きさ、進行スピードにバラつきがあり、特徴に一貫性がありません。しかしながら、小細胞がんより悪性度は劣るとされています。小細胞がんは放射線治療や化学療法に効果があり、非小細胞がんは逆に外科的な治療が有効とされています。肺がんに対する有効な対策法は定期的な検診です。早期発見を促します。現在、最も効果的であるとされている健診方法は胸部X線検査です。