若者に多い病|甲状腺の病気に気をつけろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先進医療で治す

笑顔の婦人

正体

樹状細胞という言葉を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。実は医療業界、特にがん治療においてはとても注目されている細胞なのです。樹状細胞は白血球の中に存在する細胞で、それ自体には何ら異物に対する攻撃力はもっていません。しかし、この細胞は自分が得た知識をほかの免疫細胞に伝えることが出来ます。一個の樹状細胞から数千個の免疫細胞に対して相手の情報を伝えることが可能と言われています。免疫療法の一つである樹状細胞療法はこの樹状細胞に教育を施して増加させる治療です。がんに対する知識を得た樹状細胞を増加させて患者の体内に戻すことで、より早くたくさんの免疫細胞に情報が行き渡り、より早くがんに対して強い身体にするというのが治療の主な目的です。

治療法

樹状細胞療法を初めとする免疫療法を受けるにあたって共通する注意点は、まだまだ世間的な認識が少ないという点です。副作用が少ないものの効果が出るまで時間が掛かりますし、患者の免疫力に頼る治療法なので個人差が出ます。また、医学的に臨床がまだまだ不十分で正式ながんの治療法そして認められているわけではない為、先進医療扱いとなります。つまり治療費は全額自己負担です。治療費も医療機関で自由に決められるのが現状なので、悪質な医療機関の場合は樹状細胞療法の際に法外な治療費を請求される場合もあります。治療を受ける前にはいろいろな病院で樹状細胞療法の費用をチェックし、騙されないよう注意しましょう。