若者に多い病|甲状腺の病気に気をつけろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先進医療で治す

笑顔の婦人

樹状細胞療法は樹状細胞を利用した治療法であり、一つの樹状細胞は数千個の免疫細胞に自分が得た情報を伝達することができます。他にも、がんに対する情報を得た樹状細胞を増加させ、早く体内の攻撃力を高めようというのが樹状細胞療法の目的があるといえるでしょう。

More Detail

肺の悪性腫瘍

看護師

肺がんは日本人の中では最もポピュラーながんとなっており、罹患率は女性より男性の方が高く二倍から三倍近く多くなっています。その理由として、喫煙行為が密接に関係しているといえるでしょう。

More Detail

胃の病気を検査する

男の人

悪性の胃がんか、良性の腫瘍なのか、症状があった場合には繰り返し検査することが大切です。また、自覚症状がなくとも定期検診を受けることによって早期治療が進められる利点も挙げられているので、定期的に医療機関を受診するといいでしょう。

More Detail

バセドウ病の治療

病院

治療できる

バセドウ病は20代から40代の女性に多く発症する甲状腺の病気で、甲状腺が腫れて動悸や眼球突出などの症状が現れます。イライラ感や不眠、集中力の欠如などの症状も現れる場合があり、仕事や家事などに支障が出るケースが多いです。バセドウ病は内分泌系の異常が原因ですので、内分泌内科で治療することができます。家の近くに内分泌内科がない場合には、甲状腺の病気の治療を行っている内科の病院でも治療が受けられます。バセドウ病の治療は初期段階では薬物治療が行われ、甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑制する抗甲状腺薬を内服します。薬物治療を3年から5年にわたって続けると、症状は改善に向かい最終的には完治します。薬物治療で治らなかった時には、外科手術や放射線ヨード治療などで治療することになります。

人気

重症のバセドウ病は放射線ヨード治療や外科手術が行われますが、初期段階では抗甲状腺薬の内服による薬物治療が行われます。バセドウ病の薬物治療は内分泌内科で受診することができ、ほとんどのバセドウ病は薬で治せます。内分泌内科はバセドウ病などの甲状腺の病気や、糖尿病などの内分泌系の病気を専門的に治療しており、副腎疾患の治療も可能です。内分泌内科は甲状腺の病気の患者や糖尿病患者からの人気が非常に高く、大勢の人が内分泌内科で病気を完治させています。甲状腺の病気にはバセドウ病の他にも、橋本病や甲状腺炎、甲状腺機能低下症などがあります。内分泌内科では、これらのほとんどの甲状腺の病気を治療できることで人気が高いです。